グロトリアン(GROTRIAN) キャラット(CARAT) 本物のピアノだ~!

昨年の11月にグロトリアンのキャラットを注文しました。日本には在庫がないのでドイツ本社からの取り寄せとなり、12月の終わりに入庫しました。出荷準備のために最終調整を行うと、やっぱり、本物だと実感します。

「フリードリッヒ グロトリアン」(Friedrich GROTRIAN)もグロトリアンとして、そこそこの音色をしていますが、「フリードリッヒ」とは100万円の差があり、使われている材料からして違います。その優しくて深い音色は、限りなく心地よい。

確か、フリードリッヒ グロトリアンは、このキャラットをモデルのサンプルとして開発したと記憶している。

画像


-----------------------------------------------------------
高木のつぶやき

グロトリアンのピアノを触るたびに、この深さのある響きに魅了してまうわ!そして、「グロトリアンはアップライトピアノを造らせたら世界一だ」の言葉を思い出す。

ヤマハのピアノならグランドピアノのC6と一緒ぐらいの値段ですが、明らかにグロトリアンに軍配が上がる。(タッチは無理ですが)

C6の大きさが212cm キャラットの大きさが116cm これでグロトリアンに軍配が上がるなんてどういうこっちゃ。

ヤマハ 頑張れ。と書くのは皮肉に近いな。(^_^;)

高木ピアノサービス
http://www.takagi-piano.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック