「大橋ピアノ」調律の旅 ただの出張ですが…

先月書いた記事 「大橋ピアノ 立て続けに3台も!」 山口県下関へ納めたピアノの納品調律に行ってきました。木の香りのする注文建築の家でした。ピアノを弾くのは、椅子に座っているお嬢さんです。直接、メールのやり取りをして買って頂いたのは奥様ですが、ご主人をはじめとする家族全員とは初対面です。写真は摂れませんでしたが、ご主人、けっこうイケメ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さだまさしコンサートツアー2012

さだまさしさんのコンサートだった。朝の8時過ぎに入ったが、すでにツアーのトラックは入っていました。このツアーの最終日で岸和田からの移動だったようです。大きなロングボディのトラックが2台、たくさんの機材を積んでいます。ピアノ調律を始めたのは 8:30 、同時に舞台も作り始めていた。まずは舞台の床に黒い布を張っていく。足でしわを伸ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大橋ピアノ 立て続けに3台も!

去年の11月、お客様より「大橋ピアノ」の注文がありました。オーバーホールされたものを希望されていたので、修理した「大橋ピアノ」を入庫しました。当然、ハンマーはレンナー社製です。実は以前に、オーバーホールしたものを買って頂いた時、『ラ・カンパネラの音だ』とブログに書いたのを見て注文された方です。それで値段の事もあったのですが、思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノ発表会

先週の日曜日、友人のピアノ発表会を見に行きました。場所は熱海の「起雲閣」です。この「起雲閣」は熱海市の有形文化財として指定されていて「熱海の三大別荘」として有名な建物です。そこで使われたのがベーゼンドルファーのインペリアル(旧バージョン)です。少し残念だったのが、床や天井が板張りだったので音の乱反射が激しく、弾き手には少しつらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーガー&ヤコビー(BERGER & JACOBI)

何年か前にブラームス絶賛のピアノとして載せたピアノの木目タイプです。今はもう、存在しないブランドになってしまいました。ペトロフが数年前に倒産しかけた時にOEMで造っていたすべてのピアノを止めました。しかし、最近いくつかのブランドが復活したが「バーガー&ヤコビー」は復活しなかった。(T_T) 数台 納めましたが、みな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ELINGTON ピアノ 初めてでした。

ELINGTON PIANO もう40年近く調律をやっていますが、初めてのブランドでした。造っているところは「大成ピアノ」です。とても凝った作りのピアノですが、けっこう普通のピアノでした。年数も経っていてハンマーの頭はつぶれているしフレンジスクリューはバカネジでしたが、すべて、修理をして頂きました。 とても良いお客…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正月明けからキツかった。

正月明けの1発目としてはキツかった!いきなり、グランドピアノ2台だった。しかも、1台はベヒシュタイインのM型グランド。しかも何年も調律をしていなくて。(@_@;) G1は160cmでM型は170cm。ピアノのサイズが違うと高音域で同じ音程にならないので、チューナーを使って調律をした。まったく便利なものが開発されたものだ。その時の2台。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペトロフ バロックモデル (PETROF B)

ペトロフのバロックモデルです。背の高さは105cmですが、日本のピアノにはない優しくて深い音色がします。現行モデルとは少し材料が違いますが、高木はこの時代のものの方が好きです。以前にも書きましたが、ペトロフのピアノは博覧会に出展してゴールドメダルを取得しています。 が、今のペトロフのような音色ではなく、このピアノのような音色がゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレンミラー

今日は加古川市民会館でグレンミラー楽団の演奏会。開演は16:00からだが、舞台をつくるのに色んな音が出るので、舞台をつくる前に済ませてしまおうと朝の9時から入り調律を済ませる。この色んな音とは、トンカチの音とか照明機材を取り付けるときの音なんですが結構大きいんです。マイクとスピーカーのテストに入ると、もう調律はできません。(さす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツィンマーマン (ZIMMERMANN)

9月の初め、仙台の仕事から帰ってきたら1枚のFAXが入っていた。大橋ピアノの調律にお伺いしていたピアノの先生が「古いツィンマーマンを買いましたので、ピアノの調律をお願いします」の依頼だった。このピアノ、古いので10万円で買ったそうですが、綺麗な音が出ていれば儲けもの。で、恐る恐ると調律にお伺いした。 実際の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「AROUND 40」 MEMORY CONCERT

「キダ・タロー名曲」コンサートと立て続けに、「AROUND 40」のコンサート。出演者は、「沢田知可子」 「杉山清貴」 「辛島美登里」 「中西保志」。調律が終わりリハーサルに立ち会うようステージマネージャーからの指示があり時間まで待機。13:00をまわったあたりから 「沢田知可子」のリハが始まる。若い時より声の張りは無いように思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キダ・タロー名曲集

今日は「キダ・タロー 名曲集」とタイトルのついたコンサートだった。関西では超有名な作曲家です。少し前にテレビに出ていて「たくさん演奏しますが、5秒で終わる曲もあります」と言っていた。何だろうと思いながら、調律の後、リハーサルだけ立ち会った。 次々と流れる曲は知っている曲ばかりだった。「と~れと~れ ピ~チピ~チ カニ料理」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NewYork Steinway S  仙台にて

何年か前にニューヨークスタインウェイを買って頂いたお客さんが、家を新築しました。その家のお披露目を兼ねたピアノコンサートです。元々は自分のレッスン用に買ったピアノですが、いつかプロのピアニストを呼んでサロンコンサート開きたいと願っていたものが実現したものです。夢は叶いますね~。 仙台空港から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「プレイエル」P-170(PLEYEL) ムムム… ひょっとすると

「プレイエル」グランドピアノP-170(PLEYEL)  前回のグロトリアンのグランドピアノも珍しかったが、プレイエルのグランドピアノはもっと珍しいと思う。なにせ、高木もプレイエルの家庭用グランドピアノは初めてだからです。 この「プレイエル」、20世紀初頭までは、とても栄えたピアノメーカーだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グロトリアンのグランドピアノ (GROTRIAN 189)

7月はスタインウェイの技術研修会があったので、すっかりブログ更新をさぼってしまった。(^_^;)  グロトリアンのグランドピアノの記事から再開です。グロトリアンのグランドピアノは、日本国内ではかなり珍しい。高木も30年以上調律師をやってきて、数台しかあたったことがない。今回は、師匠のところにあったグロトリアンを長年のお付き合いの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

脚が折れた! スタインウェイ(NY.Steinway)

あの地震でグランドピアノの脚が折れました。ピアノは「ニューヨーク・スタインウェイ」のグランドピアノです。実は、直接お伺いしているお客さまではなく、ピアノの先生のお宅です。 地震後、しばらく連絡がつきませんでしたが、電話がつながるようになって「地震はどうでした?」と聞くと、「うちは大丈夫」「それより、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ROLEX Part2 「嵯峨野」 

足掛け10年くらいはお伺いしているお客さんのピアノですが、この名前が素晴らしい。ROLEXピアノ 「嵯峨野」最初は、この名前にびっくりしましたが、慣れればどうってことありません。日本名が付いていたのは3器種くらいあったように記憶していますが、もう造られていないので知るすべもありません 「浜松ピアノ製造株式会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エルスナーピアノ(ELSNER ) 大成ピアノ

ピアノの先生の紹介で「エルスナーピアノ」を調律しました。過去に調律をしたかどうか記憶がないほど珍しいピアノです。当然、世間ではまったく知名度のない名前ですが「クラウスピアノ」と言えば知っている人もいるかもしれない。作っている会社は「大成ピアノ」という会社です。今は、もう存在しない会社ですが、「浜松」にあったピアノ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

やっと出来上がりました。Diapason132

2月に紹介したディアパソンピアノが、やっと出来上がりました。数人の方から問い合わせがあったのですが、その都度、「入庫が延期になっています」と言い訳し続けていました。工房は狭いですから展示台数は限られ修理のピアノも入庫してくることもあって、4月の末に入りました。 アクションを分解して一から組み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more