フップフェルト(HUPFELD 118KI チェリーユー) 綺麗なピアノでしょう?

フップフェルト(HUPFELD 118KI チェリーユー) 綺麗なピアノでしょう?新品同様のドイツ製ピアノが入荷しました。このピアノの輸入元は‘STEINWAY’で有名な松尾楽器です。今では輸入されていませんが、数年前までは扱われていました。輸入されていた最後の方では、200万円近くしていたピアノです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Steinberg IQ16 FOCUS(スタインベルグ)

近くのピアノのショールームに行って「バリンダム」というピアノを買う寸前でしたが、ピアノの先生から相談があり、「それでは浜松まで見に行きましょう」ことになり、あれよあれよ言う間にドイツ製のピアノになりました。このピアノ背の高さは115cmと小さいですが、驚くほどパワーもあり透明感のある音色をしています。 上前パネルが楕円形に穴が開い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュベスターピアノ(SCHWESTER)

「ホームページを見ました」と、突然の電話でした。「シュベスターピアノを買ったばかりですが、ハンマーの間隔が変だし、お店の応対に疑問があります」と、そんな内容でした。電話やメールではらちが明かないのでお伺いすることにしました。すると、ハンマーや弦の間隔もまばらですし鍵盤上面も凸凹です。お店の責任者の話では、「ピアノ線とハンマーを交換した後…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

突然気がついた。ああああああ~恥ずかしい!

ピアノの調整が終わりズボンを見ると、膝小僧のあたりが何かヘン。ゴミが付いているのかなと思い、よーく見ると、ズボンに穴が開いていた。いつものズボンなので何気なく履いて出たが、朝履いたときには、全然気が付いていなかった。 -----------------------------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DIAPASON D78WS

ピアノ選びの相談をしていると、「実家にディアパソンのピアノがあります」と言われていましたので見に行きました。当時140万円の価格で売られていたものです。よ~く見ると上前パネルには象嵌細工が施され、見るからにおしゃれなピアノでした。 さっそく弾いてみると、「あれっ、ディアパソンの音じゃない」「カワイの音や」。外装をはずしてみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Bluthner(ブリュートナー)

Bluthner(ブリュートナー) アップライトピアノ 久々に感動のピアノを買い付けました。先輩から、「ブリュートナーを買わないか?」と声がかかりましたので、ピアノを見に行きました。なんと、これこそが『本物のドイツ製の音色です』と言わんばかりです。年式は少し古いのですが、スタインウェイやベーゼンドルファーにも劣らない響…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DIAPASON132(オオハシモデル)

ある日、「古いディアパソンがあるんですけど見て頂けないでしょうか?興味がなければスルーしてください」と、こんな内容のメールが入りました。ピアノの在庫もなかったので見てみようと連絡をしてみました。お伺いしてみると、家の処分に伴いピアノも処分したいとのことでした。ちょっと変わったデザインなので、お客様から譲っていただきました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

この大橋ピアノは新しい!

新しいと言っても「大橋ピアノ」は平成7年に自主廃業しているから、そこそこの年数になります。が、「大橋ピアノ」は、グランドピアノも含めて全部で4639台しか製造されていない。しかも、第1号器は、1961番の製造番号だから【6340】の番号は新しい。(平成4年頃の製造と推測される) このピアノは、ヤマハ系の調律…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーストラリアのメルボルンから

ある日突然に、オーストラリアからメールが来ました。メルボルンに住む日本人男性からでした。「ブログに載っているツィンマーマンを見て、同じピアノを買いました」「オーストラリアでは、調律をどうしたらいいでしょう」…って突然言われても… (^^;) 「オーストラリアには、日本と同様に調律師協会がありますから、そちら…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

PETROF115 (ペトロフ115)

ペトロフ P115 #478376 良い時代のペトロフが入りました。今の新しいペトロフと違って音色の優しいピアノです。そのわけは、外装材には まだ合板が使われていて接着剤も今ほど硬いものではないからです。こう思う根拠は、ペトロフの工場に行って工場長に質問をしたからです。(まぁ、あくまでも推測ですが…) しかし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々の「大橋ピアノ」だよ

久々の「大橋ピアノ」です。巷に出まわっているボロボロの大橋ピアノではありません。(中古として出てくるピアノは、中身がけっこうボロボロです)春くらいに一度問い合わせがあり、メールでのご相談を受けていました。 「こだわりのある、ちゃんとしたピアノが欲しい」と言うことで、予算も限られているので「大橋ピアノ」になりました。もちろん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベヒシュタイン ビンテージモデル (Bechstein)

ポーランドに滞在中、夜中の3時に突然電話が鳴った。電話に出てみると、ピアノ調律の依頼でした。何か事情がよく分からないので、帰国したらまた電話をします。と、言って電話を切った。 帰ってから電話をすると、横浜のピアノ屋さんから紹介されたお客さんでした。今年の夏に、「スタインウェイを関西へ売ったので、よろしく頼む」「携帯電話の番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショパンコンクールへ

ショパンコンクールを聴きにワルシャワまで行きました。今年は第16回目ですが、ショパン生誕200年にあたり盛り上がっています。ここで入賞すると一流のピアニストとして認められ一躍有名になります。 画像は会場の外と中です。会場内の画像は、始まる前に2階の席から撮ったものですが、2階席の最前列が審査員席で右から2番目の席が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミスターベースマン

「中古ピアノを探しているので面倒を見てあげて」とジャズピアニストのお客様から紹介されました。『それならピアノを作りましょう』と、高木がお薦めをして作ったピアノです。 ピアノはヤマハですが、額縁モデルと言って、少し外装のこったデザインです。中身は、お得意の「アベルのハンマー」「レスローのピアノ線」等、ジャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大橋ピアノのご指名は嬉しい

ある楽器店で買われた「大橋ピアノ」ですが、「調律は高木ピアノでお願いします」と依頼がありました。中古ピアノですから調律の後、1年後の訪問をお約束して後にしました。 1年近く経ったある日、突然 メールが来ました。「千葉へ引っ越して、近くの調律師にして貰いましたが、音が変わってしまいました」「高木ピアノさんに来て貰えませんか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな事って???アメリカ大使館。

『限りなく「大橋ピアノ」近いディアパソン132 』、 このタイトルとブログを読まれて、突然、メールでの問い合わせが来ました。「実家にも同じピアノがあります」「修理をして使いたいのですが…」「どなたかご紹介頂けませんか?」 東京方面でディアパソンに詳しい技術者も知らないので、たまたま東京へ出張に行くことになっていたのでお伺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンプチェイサーって?

このピアノはフリードリッヒグロトリアンですが、山沿い地方や湿度対策が必要な場所に納める時には、このダンプチェイサーが優れものです。鍵盤の下に見えている黒くて長い棒状のものが本体です。 そしてこちらが湿度センサーで、湿度が50%以上になるとスイッチが入り、棒状の本体が温かくなります。ピアノ内部の温度を2~3度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなピアノ また、作りたいな~

ヤマハのU300という額縁タイプの古いピアノです。黒塗りのピアノでしたが木目のピアノに塗り直して中身も総入れ替えされたものです。ピアノの鍵穴も素晴らしいの一言でしょう?昔のピアノって、ずいぶん、こだわっていますよね。 楽器店の依頼で調律にお伺いしましたが、お客様は、このピアノの素晴らしさが伝わっていなかった。(^_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリエイティブな仕事

すっかり、ブログの更新をさぼってましたが、また、始まります。そして、今日は、納入したグロトリアンのお客様の記念写真です。藤山(とうやま)さんと言われる方です。 実は、とってもクリエイティブな仕事をされています。なんと、作曲家です。このグロトリアン買って頂いた半年前は、マイクロソフト社のWindows 7 を宣伝するサイトがあり、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OCEAN PRINCESS

突然の依頼があって、アメリカ国籍の観光船で仕事でした。乗船前には運転免許証を預け、IDカードの発行に顔写真の撮影があり船内へ。すると、船内の裏方を仕切っていそうなおじさんがやって来て「ついて来い」と言う。(英語だよ) 「ピアノは3台ある」 …… 「Do you speak english?」  …… 「Just a little」 と言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more