PETROF P-115CI ペトロフ 115チッペンデール

中古ピアノ ペトロフ 115チッペンデール いい状態のペトロフが手に入りました。やっと修理も終わり、試弾できる状態になりました。ハンマーの摩耗も少なく、今のペトロフより発音が綺麗で弾きやすいピアノです。この木目も現在では入手しにくいプレミアものです。 入荷してきた状態の「ハンマー弦合わせ」です。この状態で使われてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DIAPASON 132 マフラーを作ってみました。

数年前、お客様から「ディアパソンピアノの中古を探しています」と問い合わせがあり、買って頂きました。見かけは普通の2本ペダルのディアパソンピアノですが、ハンマーの交換と高音部のピアノ線を張り替えて、消音機能をハンドマフラーとして取り付けました。附属品一式に消費税や運送代金も込みで\475000だった。これなら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ZAUTER(ザウター) 120 プリミーレ

ザウターの屋根がこのように開くタイプは初めてで、どうやって屋根を外すのか戸惑いました。が、よく見ると、とてもシンプルで、屋根のつけねにある蝶番が、そのまま上に抜けるだけでした。ピアノとしては、実に真面目な造りで、「底抜けに鳴り響く」といった感じのピアノです。 塗装も、オープン塗装でシンプル。実はドイツ製のピアノにオープン塗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマハ U3D 昔のピアノ 中身見ます?

YAMAHA U3D #290498 製造番号から推測すると、1963年の後期(昭和38年)製造です。このころのヤマハは、当然、「良いピアノ造り」を目指していましたから素材もちゃんとしています。        外装は、かなり焼けて薄くなっています。         2枚目の画像は「鍵盤押さえ」と言って、鍵盤蓋と鍵盤の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「私のしごと館」 ピアノブース

数年前、厚生労働省の配下 「雇用・能力開発機構」の下で「私のしごと館」を立ち上げた。この「私のしごと館」の立て前は素晴らしく、『若者を対象に職業体験の機会、職業情報、職業 相談等を提供する施設である。』とある。 ここ「ピアノ調律師」の体験コーナーでは、本物のピアノを使って音を合わせる作業と、鍵盤の調整や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマハ NoU1 このピアノが一番良い

ヤマハ No.U1 製造は昭和33年後期。現行器種ではYU11と同じだが、細かいところでは設計が違う。木目のシリーズならYU11Wかもしれない。だとすると、税込み¥840000。ん~、いいお値段だね。 現在は、「ヤマハ株式会社」だが、数年前(?)までは「株式会社 日本楽器製造」だった。3枚目の画像の「NIP…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

カワイ KU2B

「カワイ KU2B」 デジカメは持っていたんですが、メモリーが入っていなくて使えませんでした。そこで、携帯カメラで撮ったらブレまくりでした。(すいません)2枚目の画像から少しマシです。 このピアノの見て欲しいところは、2枚目の画像で、響板の右端が斜めにカットされているところです。これは、除響板といっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

KAWAI KL703

今では珍しいカワイの艶消し塗装です。正確には KL703 といって、オークのオープン仕様です。 *オーク = 木の種類で楢の木、若しくは樫の木を言う   *オープン = 導管が見えていて、木の表面に樹脂を染みこませたもの 角ばったデザインも珍しく、ニューヨークスタインウェイのデザインを意識したのかもしれません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DIAPASON 183 大橋モデル

「DIAPASON 183 大橋モデル」 オーバーホールをしたピアノを、お客様に買って頂きました。もっと正確に言うと、「グランドピアノが欲しい」と相談を受けた方に、「それなら、古いピアノをオーバーホールした方が良い音がするよ」と説明して買って頂きました。しかも、定評のある古いタイプの「大橋モデル」です。 *…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

KAWAI 308 カワイピアノ

さすがに、この年代のものは1台だけですね。製造番号から調べてみると、昭和29年後期の製造です。カワイピアノのフレームには、「CONCERT」と入ったアップライトピアノもあり、そのピアノに見られた器種名とよく似ています。 確か、羽衣楽器のピアノが「CONCERT」のブランドが付いていました。OEMで造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KAWAI CL3

KAWAI CL3 このピアノの前身はCL2と呼ばれマフラーペダルがなかったのですが、CL3になってから3本ペダルとなりました。カワイの調律師は知っているでしょうが、ヤマハ系の調律師は知らない人が多いでしょう。どこが変わっているかというと、通常、鍵盤は『筬』と言われる(木で出来た枠組み)部分に乗っていて、その『筬』は『棚…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カワイ アップライトピアノ K8  今のK8ではありません

以前、カワイのアップライトピアノを掲載しましたが、このピアノは、オーバーホールしたものです。お客様の希望で、「あまりお金をかけないで…」と言われてましたので国産のハンマーに使えるものは残しました。弾いているのは、もう、80歳くらいの奥様ですからね。 娘さん(とは言っても、もう、子持ちの主婦)のところのピアノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DIAPASON 132MF ディアパソン132

ディアパソン132 MF 何年か前に買って頂いたお客様が「ピアノを手放したい」と言われたので、「買い手がつくまで、待ってください」と頼み、そして、お客様が見つかったので購入しました。これなら、売り手側も買い手側もお得です。そして、高木ピアノも。 (^^)/ ディアパソンピアノですが、設計者は「大橋幡岩」ではありません。すで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FURSTEIN フルシュタイン イタリアブランドのピアノです。

イタリアブランドのピアノです。イタリアらしく凝った外装のパネルで、日本では珍しい木のこぶを活かした木目です。右横に立てかけてあるのは、本来の黒塗りのパネルです。 イタリアブランドのピアノはどのピアノも明るい音色で国民性が出ています。しかし、アメリカの明るさとは違います。国民性が出ていると言えば、ドイツは重厚な音色で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベヒシュタインA3 

先週、ピアノの納品がありました。「少し良い音のする輸入ピアノを希望」と相談を受けました。長期在庫品など試弾して頂いて、「やっぱり、ベヒシュタインがいい」となって、ベヒシュタインのアカデミーシリーズA3となりました。 マンションにお住まいのため念のため、防音用のゴム台を敷いています。よく見かける防音用のインシュレーターは、輸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンメル Schimmel 小さくても本物です!

出ました、シンメル(Schimmel)の中古ピアノです。シンメルの小さいサイズは、本当に良くできていて、本物のユーロピアンサウンドです。これから、本格的な作業が始まりますので、試弾が出来るのは、少し先です。 シンメル 高さ103cm 幅135.5cm ウォルナット艶消し(全塗装済み) 1980年製 お値段は、ヤマハ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BELTONE PIANO ベルトーンピアノです。

前回のベルトーンはグランドピアノでしたが、今回はアップライトピアノです。ベルトーンのマークってライオンが吠えているんですかね。よくわかりませんが。この内部の画像と下前パネルの裏側をよく見てください。綺麗な仕上がりです。素人の目には触れない内部と裏側ですよ。Y社・K社なら黒く塗って終わりです。 こうし…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

グロトリアン 122  あ~!やっぱり本物だ~!

グロトリアン 122 使用の少ない程度の良い中古が出ました。アップライトピアノでも300万円くらいするものは、さすがに本物を感じさせます。国産のグランドピアノからの買い換えが多いのも納得の深い音色です。買い換える方の大半は、管楽器奏者や弦楽器奏者などのクラシック界の音楽家です。 グロトリアンの有名な愛好家は…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ビクターピアノ VICTOR 

ビクターピアノ 「ビクターがピアノを作ってたなんて?」と思う人もたくさんいるのでは…。ピアノメーカーとしては新参者だったに違いない、多分、高度経済成長の勢いにのって音楽関連事業の一環として始められたのでしょう。電子オルガンも「ビクトロン」の商標で出ていました。このピアノ設計には、あの「大橋幡岩氏」も監修として関与していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーハシピアノ132

今から、約3ヶ月前に調律の問い合わせがありました。いつも来てもらっている調律師もいるが、「ハンマーを換えたので音の点検に来て欲しい」と、こんな内容でした。何かよく分からないので、「いつも来てもらっている人では、ダメなんですか」と、そんな内容で返信をしました。すると、大橋ピアノの修理を得意とする工房から連絡が入り、「修理をしたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more