テーマ:大橋ピアノ

「ピアノ調律師のつぶやき」移転しました。

長い間、ウエブリブログでお世話になりましたが ホームページ内に移転しましたので「お気に入り」を更新してください。 7月17日の記事は「大橋ピアノ買い付けました」 http://takagi-piano.com/blog/508/ 過去の記事は、移転にともない徐々に削除していきます。 高木ピアノサービス
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の大橋ピアノ

大橋ピアノの自主廃業は平成7年ですが、実際にピアノを造っていたのは平成6年の6月までです。最後に作られたのは11台だそうですが、その最後のピアノを調律をしてきました。とは言っても製造番号の最後ではなくて、その1台前の製造番号「6599」でした。そして、このピアノの響板には、今まで見た事もないようなデカールが貼ってあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大橋ピアノ」調律の旅

先週、大橋ピアノの調律の旅に出た。(早い話が ただの出張です)北関東から東京都内へと けっこう移動距離が長くて疲れます。1日目は埼玉県北本市 2日目は群馬県安中市 3日目が葛飾区です。北本市のお客様は去年、「大橋ピアノ」を買って頂いた方ですが、2日目の「大橋ピアノ」は、師匠から「遠いので君に任せる」と紹介されたお客様です。「お客さんは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディアパソン 125

カワイ時代から、もう何年もお伺いしています。製造番号からすると50年近く経っているでしょうが、どこも部品を交換することなく良い音が出ています。 マフラーはカワイ製ですからカワイ楽器で生産されていますが、フレームには、「DIAPASON HAMAMATSU」と入っているので浜松楽器時代からのものでしょう。製造番号の前に H …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ディアパソン 170 修理 「大橋デザイン」 PartⅡ

鍵盤の上にアクションが載っていないので「ランドセル」と呼ばれる鉛のおもりを背負わせて(抱かせてます)鍵盤の高さを調整します。鍵盤の高さは、真っすぐ一直線上になるよう揃えますが、色の違う紙を(色によって厚さが違う)何枚か重ねて高さを揃えます。本調整はピアノの中に鍵盤が納められてから行いますが、こうして下ごしらえをしておくと、現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディアパソン 170 修理 「大橋デザイン」

ディアパソンのグランドピアノ(大橋デザイン)を修理します。鍵盤の消耗部品も交換しますがキャプスタンの先も大事です。研磨剤を使ってピカピカに磨きます。研磨剤には油分が入っていますので、この後 アルコールで油分を拭きとります。 今日は、お客様の家でピアノ線の張り替え作業でした。 ディアパソンのグランドピアノ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大橋ピアノを調律しました。

大橋ピアノを調律しました。知人が「大橋ピアノを持っています」という話から譲って頂く事になり買取りました。年数が経っているので外装の修理に内装の手入れと、けっこう手間ヒマかかりました。このピアノはお客様の希望で、大人しめの音色に調整して納入しました。 大橋のフレームには2種類あって「大橋幡岩」の文字が入っているものは、「巌」さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大橋ピアノ納品しました。

大橋ピアノを買って頂きました。買っていただいたのは、大橋ピアノの「杵淵モデル」です。ピアノのご相談を受けている間も、とても、感じの好い方でした。実際にお会いしてみると ご家族皆さんが 、とても好い人達でした。 高木のつぶやき ホームページからメールでの問合せでしたが、そのメールには 人柄が現れていて、「あっ この人、とても好い人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「大橋ピアノ」調律の旅 ただの出張ですが…

先月書いた記事 「大橋ピアノ 立て続けに3台も!」 山口県下関へ納めたピアノの納品調律に行ってきました。木の香りのする注文建築の家でした。ピアノを弾くのは、椅子に座っているお嬢さんです。直接、メールのやり取りをして買って頂いたのは奥様ですが、ご主人をはじめとする家族全員とは初対面です。写真は摂れませんでしたが、ご主人、けっこうイケメ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more